« 天満屋での講習会 | トップページ | エキナセア 避難 »

2006年6月13日 (火)

ハッカ油のこと

4月24日の日記で紹介したハッカ油によるダイエットの記事

TV新番組の「ぴーかんバディー!」の内容でした。

この番組の中で、ハッカ油に関して、一部 不適切な紹介がありました。

24日の日記の中でそこまで触れると、話がややこしくなると思い

無視したのですが、やっぱり 一言 説明しましょう。

すみちゃんのごきげん♪アロマテラピー生活ともリンクしてます。)

「ぴーかんバディー!」 によると

ハッカ油によるダイエット効果を担うのは、精油成分中のメントールということで

日本ハッカに含まれるメントールの量は、他のミント類に比べて際立って高い。

だから、『日本ハッカ油』がダイエットにはオススメ♪ という内容でした。

でも、実際に出回っている日本ハッカ油(局方品も)のメントールの含有率は

他のミント 例えば、ペパーミントとあまり変わらないのです。

なぜか?

それは、最初に日本ハッカの精油を蒸留した時点で

精油を冷却して析出するメントール(ハッカ脳)を取り出しているからです。

残った精油は、ペパーミントとあまり差が無くなった濃度で流通しているのです。

ただ、番組の作り方として、その辺がはしょってあるので

あたかも、メントール高濃度のまま流通しているような印象を与えていました。

取材が甘いのか

知らぬふりをして、意図的にそういう方向に持って行ってるのか。。。

あの番組を見て、お店に買いに行った人たちは、ペパーミントではなく

日本ハッカ油で無ければ承知できなかったでしょうが

効果的には、どちらも同じような感じだと思います。

ただ、ここまで書いて 敢えて言うなら

香りに対する満足度が変わらなければ、局方品のハッカ油は、確かにお買い得です。

20ml 840円! *^-^*)b

応援ありがとうございます。
皆様の応援が励みとなっています。 コチラ→
人気blogランキング

|

« 天満屋での講習会 | トップページ | エキナセア 避難 »

コメント

なるほど。
テレビの力って怖いですよね。
全て正しいことと取られてしまいますよね。
今までもいくつかニュースになってますけど。
だからといって消費者側ですべて知識を持つのは無理だし。
よ~く考えて欲しいですね。
▼(ポチ)

投稿: てつや | 2006年6月14日 (水) 18時19分

☆てつやさん
私達、アロマテラピーに関わっている者にしてみれば、
特に断ってなければ、「精油」と言えば、ピュアナチュラルで
蒸留したまま、何の加工もしていないモノと思ってしまいますけど
こと 日本ハッカ油に関しては、冷却してメントールを取り出すのは
現場の人にしてみれば、至極当たり前のことなのでしょう。
日本ハッカの価値は、そこにあるのですから。。。

だからと言って、番組を作る人たちがそこをはしょって、
メントールの含有率が70~80%のまま出回っているような伝え方をするのは、困りますよね。

ちなみに、私の手元にある局方品の「ハッカ油」は、
30%以上のメントールを含む。と表示されています。

投稿: 吉岡@管理人 | 2006年6月14日 (水) 21時51分

そうですね。
いろいろと考えさせられますね。
でも、怖いですね。

投稿: てつや | 2006年6月16日 (金) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141505/10511684

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカ油のこと:

« 天満屋での講習会 | トップページ | エキナセア 避難 »