« 梅酒 2種 | トップページ | 「あるある大事典」と同じ・・・ »

2006年6月20日 (火)

第6期アロマ講座

今日から、検定1級対応講座の 第6期クラスが始まりました。

今度のクラスは3人で、年代もバランス良く始まりました。

アロマに関連した色々な話が出てくるのですが

可笑しかったのは、ラベンダーの香りを確かめている時

「ワインを味わうソムリエのように(!)、香りの印象を味わいましょう」と促して・・・

「ラベンダーと言って思い出すのは、『時をかける少女』だわ」 と、

私に近い年代の生徒さん。昔々のNHKの連続ドラマでした。

もう少し若い人も「あ、それ知ってます」

これは、リメイクされた原田知世さん主演の映画です。

もっと若い生徒さんの記憶には、かすりもしなかったようです。。。

『時をかける少女』

化学実験室で、割れた瓶のカケラから漂うラベンダーの香りによって

ヒロインがタイムトラベルをしてしまう場面があるのです。

と、それはともかく

年代によってイメージする香りの風景は、それぞれに違いがあって

パラゾール以外に、防虫剤として使われていた樟脳(クスノキの精油成分)にしても

身近で知っている人も、初耳の人もおられます。

そんな違いを楽しみながら、仲良くお勉強してゆきましょうね♪

応援ありがとうございます。
皆様の応援が励みとなっています。 コチラ→
人気blogランキング

0620

お店の前のエキナセア

なんと! 『時をかける少女』

この夏、アニメとなって再々登場するようです。詳しくはコチラ。

|

« 梅酒 2種 | トップページ | 「あるある大事典」と同じ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141505/10607309

この記事へのトラックバック一覧です: 第6期アロマ講座:

« 梅酒 2種 | トップページ | 「あるある大事典」と同じ・・・ »