« 石釜パンで怪我! | トップページ | 食人数 »

2006年5月29日 (月)

美味しい漢方薬

昨日の日曜日は、岡山漢方研究会の日

いつものように、いくつかの漢方薬と、単味の生薬の煎じたものを味見しました。

中でも、印象的だったのは、五苓散の美味しさ それに使われている桂皮の美味しさ☆

桂皮:精油名で言うと、シナモンバーグですね。

漢方薬に繁用される生薬で、吉岡薬局での使い道は葛根湯が一番です。

漢方薬の味も、効能によっては、苦味・辛味で効くものもありますが

寒さで縮こまった体を、ほぅ~っと解きほぐしてくれる葛根湯は

やっぱり美味しい方が良いですものね。

ウチで使っている桂皮だって、某有名メーカーさんのものですが

あらためて味比べをしてみると、ホント 全然違う!

お値段も、その美味しい桂皮は、保険薬価の2倍以上です。

ま、吉岡薬局の場合、保険調剤に使うわけではありませんが、、、。

早速、そのメーカーさんに連絡を取って仕入れましょ。

来冬の葛根湯は、数段 美味しく生まれ変わりますので 乞う御期待!!

昨日の昼食は、久し振りにイタリアン カニのリゾット

薬剤師会館のすぐ近くにある “トライアーノ” ここのさりげなさが好きです。

注文した後、「時間がかかりますか?」と、尋ねると

「いいえ、混んでないので、すぐ出来ます。」って、年配のウエイトレスさん(笑)

なるほど、午後0時現在、お客は私を含めて 二組だけでした。

Risotto

暖かくて 優しくて 大変美味しうございました♪

いつも応援ありがとうございます。
皆様の応援が励みとなっています。 コチラ→
人気blogランキング

|

« 石釜パンで怪我! | トップページ | 食人数 »

コメント

こんばんは!私は漢方は詳しくないのですが、精油と重なるもの多いですよね!呼び名が変わるとピンとこないことが多く最近やっと桂皮シナモン珍皮オレンジピールでしたか?なんだか漢字になるとどうも苦手ですが、わかってくると、あぁ~これかってなかなか楽しくなりますね!

投稿: kuturogi | 2006年5月29日 (月) 23時44分

☆こんにちは~
漢方薬といえば亡き母がよく煎じてました。
私はあの匂いに咽て食欲もおちるほどでした。
だから苦手だったんですが、吉岡さんの漢方薬の記事を拝見しますと、いいイメージに変わってきつつあります。
いろいろ教えてくださネ♪

美味しい味とお値段はやはり正比例なのかしら(^^

投稿: ☆perfume☆ | 2006年5月30日 (火) 11時55分

☆kuturogiさん
他にも色々ありますよね。フェンネルが茴香(ういきょう)
クローブが丁子(ちょうじ)だったり。
漢字にすると、またちょっと印象が変わるでしょうか?
あ、オレンジピールは、陳皮(ちんぴ)と書くんですよ。
そう言えば、どれも皆、消化器の強壮薬ですね。

投稿: 吉岡@管理人 | 2006年5月30日 (火) 21時02分

☆perfumeさん
生薬のまま味見して、美味しいものなんて殆ど無いですねぇ(^-^;
だから、口直しに大棗(たいそう)というナツメの干したものがあると嬉しいです。
後は、当帰(とうき)くらいかなぁ?
でも、色々ブレンドして漢方薬の形になって、その人の証にあうと美味しく感じられるのですよ。
だから、その煎じ薬も、お母様にとっては、心地良い香りだったかもしれませんね。

投稿: 吉岡@管理人 | 2006年5月30日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141505/10291425

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい漢方薬:

« 石釜パンで怪我! | トップページ | 食人数 »