« アロマ最終日 | トップページ | 話題のハッカ油! »

2006年4月23日 (日)

アロマと漢方

今日は、岡山市での漢方研究会でした。

Kanpo41_1

毎回、色々な生薬や煎じた漢方薬の味見をします。

今月のテーマは「柴胡 サイコ」を含む漢方薬ということで、煎じ薬は、

ストレス性胃炎などに使われる 四逆散(しぎゃくさん)と

更年期障害に繁用される 加味逍遙散(かみしょうようさん)

四逆散は、とっても苦くて口が曲がりそうでしたが(^-^;

加味逍遙散は、それなりに美味しくいただけました。(今の私にピッタリだから?(笑))

今回嬉しかったのは

アロマテラピー効果の高い生薬が多かったことです。

いつもの様に、かじって味見するというより、香りを嗅ぐのが中心です。

生薬のアロマテラピー効果を体感する ひととき♪~

漢方では、ヒトの命の三大要素を、「気 き」 「血 けつ」 「水 すい」と考えます。

肉体的(物質的)な「血」・「水」に比べて

「気」は、エネルギー。目には見えない機能的な性質を持っていて

体の機能を高め、冷えた体を温め、免疫力を増強するなどの働きを担っています。

アロマテラピーは、この「気」に働きかけるのです。

下の写真は、「理気薬 りきやく」と言って

滞った気の流れをスムーズにしてくれる香り高い生薬ばかりです。

左から、薄荷(ハッカ)・枳殻(キコク)・厚朴(コウボク)・縮砂(シュクシャ)・陳皮(チンピ)・木香(モッコウ)・香附子(コウブシ)・檳榔子(ビンロウジ)

Kanpo42_1 
名前をご存知のものもあったでしょうか?

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします コチラ→
人気blogランキング

|

« アロマ最終日 | トップページ | 話題のハッカ油! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141505/9730754

この記事へのトラックバック一覧です: アロマと漢方:

« アロマ最終日 | トップページ | 話題のハッカ油! »